りんどう法律事務所のブログ

2020.06.17

少し前のことですが。

 新型コロナ感染症が拡大する前のことを今更書くのも恐縮ですが、相続についてセミナーで講演する機会を頂きました。

 

多くの人が、相続人になり、そして被相続人になる相続。

法的紛争の中では馴染みのあるもので、相続について色々な話を聞くことも多いかと思います。

このため、「相続に対する備えを」と言われて、「はい!もうすでに対応済みです」という方も多いかと思いますし、「うちは、揉めない」と考えられている方もおられるかもしれません。

 

ただ、それでも、揉めているのが「相続」です。

 

複数の人の感情が含まれる相続だからこそ、「十把一絡げ」「一律」の対応は難しいはずなのです。

 

インターネット上で様々な有益な情報が取得できるようになった昨今、ネットで調べれば多くのことが分かるかもしれません。

しかし、個々の人が当事者である法的紛争では、必ずしも、ネット上の知識通りに事が進むとは限りません。

 

10数年弁護士という仕事をする中で、「相続」は人の感情に直結する紛争類型であると実感することはたくさんあります。

いつも抱くそんな思いを、機会を頂いた講演では話すようにしています。

 

相続紛争を扱う弁護士だからこそわかることがある。

そう信じて、出来る限りの法的紛争をなくすため、私たちの経験が皆様のお役に立てることを心から願っております。

 

 

りんどう法律事務所(女性弁護士による相続相談)

大阪市北区西天満3丁目13-18

06-63664-7778

2020.06.15

感染拡大防止に努めながら業務に取り組んでいます。

 緊急事態制限が解除されて3週間程度が経ちました。

 

裁判所の手続はまだ本格的に回復してはしていませんが、それでも少しずつ各手続が再開されている印象を受けます。

 

裁判所の手続が中断することにより訴訟当事者、調停当事者の方には多大な影響が出ました。涙を流しながらも、「社会全体のためにやむを得ないこと」とご自身の気持ちを抑える方も多くいらっしゃいました。

 

これからも感染拡大を防ぐ努力を怠るわけにはいきませんが、感染拡大の防止とともに、以前の状態に戻す努力の必要性を感じております。

 

法律相談でも新型コロナの影響を受けたトラブルが増えています。

緊急事態宣言中に止めざるを得なかった手続もあります。

 

自力救済を禁じている日本。であるならば、最後の砦である法律がきちんと機能する状態に少しでも早く戻す必要があります。

 

感染拡大防止とトラブルに対する法的対応、これを両立すべく、当法律事務所では当面の間以下の対応をとっております。

 

①ご相談者様の感染リスクを少しでも減らすため、打合せ室の机に飛沫拡散防止シートを設置しております。 

②ご相談時、弁護士はマスクを着用いたします。ご相談者様もどうぞマスク着用にてご来所くださいませ。 

③ご依頼者様との打合せには、これまでのように電話やメールでの打合せの他、積極的にオンラインによる面談を取り入れております。

④打合せ室、執務室の換気を定期的に行っております。 

皆様が、不安な時にすぐに不安なことを相談できるよう、当事務所としてできることを全力で行いたいと考えております。

 

 

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3丁目13-18

06-6364-7778

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3-13-18
島根ビルディング3階
06-6364-7778

ブログ内検索

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30