りんどう法律事務所のブログ

2020.04.14

大阪の裁判所の手続期日が続々延期になっています。

 

緊急事態宣言を受けた上での府からの外出自粛要請。

なんとかこの新型コロナ感染症の拡大を封じ込めようと、各自が尽くせる限りの方策を尽くしている今日この頃。

 

裁判所の手続きも限られたもの(極めて急ぐ事柄)を除き延期されています。

 

裁判所も人が動かしています。

その裁判所の職員の方の健康、生命を守ることも大切ですし、その方々が出来る限りの外出自粛を行うことで、裁判所内外の多くの人の健康を守る結果にもなります。

そうである以上、特に民事事件での手続延期はやむを得ないことだと思います。

 

もっとも、その手続延期の結果、涙を流されるご依頼者もおられます。

交通事故の損害賠償請求や、賃料の問題、就労の問題、家庭内の問題、親族間の問題・・・。

 

外から見ると、健康や生命と天秤にかけるべき事柄ではないかもしれませんが、当事者からすると、指定されていた次回期日のために様々な準備をし検討をしてきました。「この手続きが終われば、少しはらくになるかもしれない」「損害の補填をようやく受けることができる」。そう思って苦しい日を一日一日過ごしてこられたご依頼者はたくさんおられます。

 

手続が「取り消し」になるわけではないので、いずれ手続きは再開され、裁判所の手続きを進めることができるようになる日は必ずやってくるでしょう。

 

それでも、「その日」が来るまでの期間を果てしなく遠くに感じてしまうご相談者、ご依頼者もおられます。

 

自分なりに、今できることを模索するとともに、再開後の手続がスムーズに進むよう今からあらゆる方途を練りたいと思います。

 

それとともに、早くこの事態が改善し全員が日常の生活に少しでも早く戻れるよう、感染拡大防止に尽力しなければならない、そう誓う日々です。

 

 

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3丁目13-18

2020.04.08

社会の一員として、弁護士として

緊急事態宣言が発令されました。

社会の一員として、感染拡大防止に尽力するべく、当事務所としましても本日より積極的に在宅執務を取り入れております。

一刻も早い状況改善のため、社会人として出来る限りの対応をとっていきたいと思います。

また、一方で、このような状況になり、様々な困難に直面されている方もたくさんおられます。

弁護士として、こんな時だからこそ、少しでもそういった方のお役に立てるべく、最大限の感染防止の対応をとりながら、皆様のご相談にも随時対応していきたいと考えております。

その困難が、弁護士にご相談頂くことで少しでも和らぐように。出来る限りの職務を果たしたいと思っております、

りんどう法律事務所

2020.04.07

緊急事態宣言が出た場合の当事務所の対応について

 

新型コロナ感染症等の感染防止のため、しばらくの間、所員全員に対し、積極的に在宅執務を行うよう指示を出しました。

このため、通常の場合よりも、お電話でのお問い合わせ等についてお時間を頂戴するおそれがあります。

 また、ご依頼いただいている皆様のご不安、ご負担の軽減のため、来所頂いての打合せを極力控え、必要に応じて電話等で打合せをさせていただきます。

 

所員の移動、交通機関の利用を極力減らし感染拡大防止に努めるとともに、ご依頼いただいている皆様に支障が出ないよう尽力する所存です。

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

りんどう法律事務所

2020.04.02

家族といえども・・・。

テレワーク、在宅勤務が積極的に導入されている今日この頃。

きっかけは、新型コロナの感染拡大を防ぐためという消極的な目的ではありますが、ライフスタイルの多様化に鑑みれば、様々な働き方があるのはとても自然なことであり、人それぞれが自身の生活を充実させるためにも、柔軟な働き方を積極的に取り入れていくというのは、むしろ望ましいことではないかと考えます。

 

ただ、自宅で過ごす時間が増えることにより、パートナーへの違和感や、親子間での衝突が増えてしまうこともあるのかもしれません。

 

信頼関係の上でスタートさせた家族であっても、相手は自分とは異なる人間。

 

時には、相手の一挙手一投足にイライラさせられることもあるでしょう。

 

相手に非があるということもありますし、もしかしたら、自分が少しイライラしていたということもあるのかもしれません。

原因を探り始めれば、「自分はこうなのに」「相手がこうしたから」と、余計にイライラが募ったり。

 

そんな時、どうやり過ごしたらいいか。

本当に難しいです。

 

「非がある相手には非を認めさせたい」。そう思う時だってもちろんあります。

家族であっても、相手は自分とは違う人間で、相手にだって心はあります。そして、自分にだって心があります。

自分の気持ちと相手の気持ちが異なることはたくさんあります。

 

意外かもしれませんが、「どちらが悪い」という結論は、急いで出すべき事柄であることはそんなに多くはありません。

 

もし、同じ空間に長くいることが苦しい時には、とにかく、一時的にそっと距離をとるというのもひとつだと思うのです。

 

家族だから、ずっと一緒に向き合わなければならないわけではありません。

 

自分を守るため、相手を守るため、一時的に、心理的、物理的、空間的に、とにかく何でもいいので距離をとる。そうやって守られるものがある。この仕事を通して日々気付くことです。

 

それから、最後に。

 

心理的もしくは物理的距離では解決できないことも、もちろんあります。

 

どうしても辛い時、そんな時には我慢せず、あらゆる電話相談等を活用し、その場所からの逃げ方を必ず誰かに相談してください。

 

どんな時であろうとも、悩んでいるあなたに寄り添いたいという思う人は、絶対にいるはずです。

 

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3丁目13-18島根ビル3階

2020.04.01

新メンバー加入のご報告

この度、清水さやか弁護士を新たに当事務所のメンバーとして迎えました!

清水弁護士とは大阪弁護士会の委員会活動を通して知り合いましたが、子の福祉に関わる案件に積極的に取り組んできた清水弁護士だからこその、真摯にご相談者様のお話を聞く姿や、知的に相手方と交渉する様に近くで触れ、私自身、多くのことを学び、刺激を受けました。

当事務所が積極的に取り組んでいる親族関係、家庭問題に関する案件について、多くの経験を有している清水弁護士の加入は、当事務所としても心強い限りです。

弁護士4名がそれぞれの経験を活かし、皆様のベストパートナーになれるよう、所員一同精進して参る所存です。

今後とも当事務所を何卒よろしくお願い申し上げます。

*なお、清水弁護士は、産休・育休に入るため、本格的な業務再開は令和3年4月頃の予定です。

りんどう法律事務所

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3-13-18
島根ビルディング3階
06-6364-7778

ブログ内検索

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30