りんどう法律事務所のブログ

2019.02.26

再婚しました。子どもと再婚相手の関係はどうなりますか?

今日は、意外に誤解をされている方が多いと感じることについて書かせていただきます。

 

例えば、子どの父親が、妻を失った(離婚、死別など)後に、再婚をした場合、再婚相手と子どもとの関係はどうなるでしょうか?

 

答えは、「どうもなりません」となります。

 

つまり、父親の再婚ということだけで、父親の再婚相手と父親の子どもは、法律的な意味での親子とはなりません。

 

再婚相手と子どもとの間に法的な親子関係を作るためには、養子縁組が必要となります。

 

 

 

個人的に感じるのは、

 

子どもがいる母親が男性と再婚した場合、子どもと再婚相手である男性との間で養子縁組がされているケースがままあるのに対し、

 

子どもがいる父親が女性と再婚した場合、子どもと再婚相手である女性との間で養子縁組がされていないケースが意外にあるということです。

 

事務所でこの違いを他の弁護士と話していると、その弁護士が、

 

今の日本では、婚姻により女性が男性の姓に変えるケースが多く、子どものいる父親と再婚した女性が男性の姓を名乗ることになると、子どもと再婚相手の氏が一緒になり、特に不都合もなく「親子」として生活していくことが可能であるため、縁組に思い至らないケースがあるからでは

 

などと分析していました。

個人的には「なるほど!」と思っていますが、それが正しいかはわかりません(笑)。

 

 

もちろん、養子縁組を「する」「しない」は、当事者の考えによるものであり、「養子縁組をしない」と判断される方もおられます。それはそれで、考えた上でのご判断なので何も問題はありません。

 

ただ、漠然と、再婚したから再婚相手と子どもの間も親子関係になると考えておられるのであれば、「それは違います」とご説明したいのです。

 

 

縁組をしているかいないかの大きな違いは、「相続」にも現れてきます。

 

父親が亡くなった後、子どもと父親の妻である再婚相手とで話し合い、妻の老後の生活を考えて妻が全てを相続することにし、その後、妻が亡くなった時に妻の財産を子が相続しようと考えたとしても、

 

子と妻との間に養子縁組がなければ、子には相続権がありません。

 

 

もし、結婚相手の子どもに自分の財産を引き継がせたいと思っておられるのであれば、その子どもと養子縁組をすることや、せめて遺言書を残すことなどをご検討いただくことになります。

 

法的に親子でなくとも、実際には十分に親子として交流されてきたケースはたくさんあります。

しかし、養子縁組の有無が、相続に大きな差をもたらします。

 

悔いの残らないよう、安心して親子を全うできるよう、再婚されたご家庭は一度ご家族みなさんで話してみていただければと思います。

 

 

りんどう法律事務所(女性弁護士による離婚、相続相談)

大阪市北区西天満3丁目13-18

06-6364-7778

 

 

 

 

2019.02.18

大阪家庭裁判所で所持品検査が始まります

平成31年4月から、大阪家庭裁判所(本庁)で金属探知機を利用した所持品検査が始まります

 

もうすでに大阪簡易裁判所、地方裁判所、高等裁判所では始まっていますが、いよいよ大阪家庭裁判所(本庁)でも始まることになります。

 

家庭裁判所で扱う事件には、離婚事案や相続事案、親族関係事案、後見事案、少年事件などがあり、一概にまとめることはできませんが、

 

ただ、DV事案などでは、ご依頼者様が相手方を恐れ、裁判所に行くこと自体を怖がるというケースもあります。

また、大阪家庭裁判所でも、過去、刃物を所持した人が侵入するということもありました。

 

そう考えると、所持品検査が始まるのは遅すぎると思われる方もおられるのかもしれません。

 

 

さて、所持品検査のイメージですが、現在、大阪地方裁判所等で行われているのは、よく空港などで見られるような、手荷物を係員に預けベルトコンベアに乗せるとともに、人はゲートを通るというものです。

 

詳細はわかりませんが、恐らく大阪家庭裁判所も同様になるのではないでしょうか。

 

この影響で、大阪家庭裁判所の一部の出入り口が封鎖されます。このため、これまで出入りに使われていた箇所が通れなくなる可能性があります。

 

また所持品検査のために入庁に少し時間がかかることも予想されています。

特に、家庭裁判所の調停手続は、開始時間が概ね決まっているため、午前9時45分頃から10時30分頃までと午後1時15分頃から2時頃は混雑する可能性があります。

裁判所には少し余裕をもって向かわれた方がいいかもしれません。

 

りんどう法律事務所(女性弁護士による離婚、相続相談)

大阪市北区西天満3丁目13-18

06-6364-7778

 

2019.02.08

自筆証書遺言を法務局が預かってくれます!

 

前回、自筆証書遺言に関する法改正について記載いたしました。

 

今回もその続きです。

 

今回の相続法の改正とともに、法務局において自筆証書遺言を保管する制度が創設されました。

 

これまで、自筆証書遺言を作成された方は、遺言者にて遺言書を保管していただいたり、当事務所でお預りさせていただいたりしてきました。

 

もっとも、ご自身で保管される場合、紛失や関係者による隠匿、偽造、変造などのリスクがあります。

 

遺言者が亡くなられ、遺言書に従った相続手続きをとろうと思っても、遺言者がどこに遺言書を保管していたのかが分からない状態になるということもあり得ます。

 

仮に遺言者が契約していた貸金庫に保管していたとしても、遺言者の死去後は相続人全員の同意がなければ金庫を開扉できないおそれがあり、その同意を得るのに時間を要するということもあり得ます。

 

また、弁護士事務所等で保管する場合には、弁護士費用がその分かかるケースもありました。

 

このようなリスク、懸念を思えば、法務局で自筆証書遺言を預かってもらえるという今回の制度創設は、非常に魅力的です。

 

もっとも、法務局で預かってもらうためには、遺言書が定められた様式でなければならないといった要件具備が必要です(もちろん、その他の要件もあります)。

 

また、遺言を残す目的や遺言書のご意向によっては、この制度の利用をお勧めできないケースもあります。

 

このため、この制度のご利用をご検討の方は、事前に弁護士等にご相談いただくことをお勧めいたします。

 

 

りんどう法律事務所(女性弁護士による相続相談)

大阪市北区西天満3丁目13-18

06-6364-7778

 

2019.02.04

自筆証書遺言書の作成が少しラクになるかもしれません!

 ご存知の方も多いかもしれませんが、民法の大改正があり、その施行が刻々と近づいてきております。

 

お恥ずかしい話、私たちも大わらわ。

これまで使ってきた条文とガラッと変わってしまう部分もあるので、アップデートに苦しんでいます(笑)

事案によって現行法制度との使い分けも必要なので、これまでの条文を忘れるわけにもいきませんし・・・。

 

ところで、

 

相続の分野でも様々な改正があるのですが、実は今年の1月に施行されているものもあるのです!!

 

それが、自筆証書遺言の方式の緩和です。

 

これまでは、自筆証書遺言の全てを「自書」する必要がありました。

 

財産の種類が多い方は一つ一つの財産を挙げていくのも大変でした。なにせすべて自分で書かないといけないのですから。間違わないよう配慮しながら一文字ずつ記載していただくのは相当な集中力も必要となり、疲れられる方も結構おられました。

 

それが、今回の改正により、自筆証書遺言に添付する相続財産の目録は自書する必要がなくなりました。(もっとも、目録のすべてに署名押印は必要ですのでご注意ください。)

 

自筆証書遺言と一体の目録となるのであれば、目録の部分に限ってですが、パソコンソフトで作成し印刷したものを使用しても構いません。

 

個人的には、この改正により、遺言書を作成される方の負担が随分軽減されるのではないかと思っております。

 

もっとも、自筆証書遺言の作成には様式の具備が必要不可欠です。これらのいずれかが欠けていることにより、後に遺言書が無効となってしまうことほど残念なことはありません。

 

ですので、できれば作成の際には弁護士等にご相談いただければと思います。

 

りんどう法律事務所(女性弁護士による相続相談)

大阪市北区西天満3丁目13-18

06-6364-7778

2019.02.01

もう2月ですか!

事務所に来て席に座り各書類を作成していて驚きました。

もう2月なんですね。

 

もう新年ムードなどはるか後方のものとなってしまい、今更こんな質問も恐縮ですが、

 

皆様の今年の目標は何でしょうか?

 

 

別に、年が変わったからといってこれまでの仕事や私生活に大きな変化がたちまち生じるわけでもなく、こんな質問を愚問だろうと自分に呆れながら、年末年始のお会いした方々に同様の質問をさせていただきました。

 

携わっているお仕事について具体的なビジョン・目標を話してくださった方もおられましたし、「健康第一」など常に大切なお心構えを話してくださった方もおられました。

 

そんな皆様の目標を教えていただいき、パワーを頂いた私です。

 

そして、自分を振り返って、自分の目標はなんだろうと思い悩み、目標について自問自答することひと月ばかり。

 

やっぱり、皆様と一緒に笑えるよう、皆様に心から笑っていただける様、今年も頑張るという答えにぶつかってしまいました。

すごく曖昧な目標でお恥ずかしい限りですが、この曖昧な目標に向かい、もっと具体的な目標を設定してみようと思っているところです。

 

 

りんどう法律事務所(女性弁護士による法律相談)

大阪市北区西天満3丁目13-18

06-6364-7778

 

りんどう法律事務所

大阪市北区西天満3-13-18
島根ビルディング3階
06-6364-7778

ブログ内検索

カレンダー

«2月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28